成功へ導いてくれるairbnbの運用代行サービスの利用

レディ

安心してきる業者を選定

マンション

明確な基準に基づく業者

不動産投資は、物件の条件(立地、間取り、設備、周辺の賃貸需要)などを十分に調査して借手が見つかっても、最終的に借手が家賃を支払ってくれなければ投資の効果はなくなってしまいます。家賃を支払ってもらえないというトラブルは、景気低迷の社会情勢の影響もあり、増えているという状況があります。入居者の家賃回収不能のリスク回避対策として、家賃債務保証会社の利用が増加しています。最近は、入居時の連帯保証人が無しでOKという物件が非常に多くなってきました。これは多くの物件で競争が激しくなっているためであり、借り手が見つかりやすくなる一方、家賃回収不能のリスクが高くなっています。以前は、リスク回避のために保証人を要件としていましたが、現在は保証人を見つけることが難しいということも後押しとなっています。家賃債務保証は、入居者から保証料を受け取り、それにより家賃の支払いに関わる債務を保証する業務です。家賃債務保証会社を利用するケースを利用することが一般化している現在は、リスクの発生もそれほど多くないということが想定されるので審査基準は最低限のものとなっており、ほとんどのケースで審査は通るのが現状です。現在、家賃債務保証会社は100社を優に超えるほど多くあります。審査の基準や保証料の金額など違いがあり、家賃回収時のトラブルなども発生しています。業者を選定する時は、業界団体に加盟しているところを選びましょう。業界団体に加盟している業者は3割程度と言われていますが、明確な基準に基づいて営業している業者なので安心して依頼できます。